「弁財天」刺青デザイン&意味

弁財天刺青和彫り

何年も前に他店で入れて、仕上げまで出来なかった作品「岩の上の弁財天」(写真左)を今回当スタジオで、リメイク&カバーアップしながら継続して仕上げることになりました。

最初のアーティストの意図も感覚も分かりませんので、仕上げの作業は全て任せて頂くことになりました。

前回は、「弁財天」の髪を黒くし、飾り物を付け眼の表情口元も少し手を入れました。あと、雲の墨ボカシも加えました。今回は後光の両サイドが寂しいので「牡丹の花」を入れることにしました。(写真右)